Learning barの作り方 by 中原淳

大変長らくお待たせしました!

ワークショップ部が発行するインタビューマガジン

「Ba Design Magazine」の第一弾いよいよ公開です!

 

第一弾は、東京大学の中原淳先生にインタビューしてきました!

中原先生は「大人の学び」の"研究者"でありながら、

企業で働くビジネスパーソンを対象にした学びの場、

「Learning bar」を運営する"実践家"でもあります。

 

今回は研究者としての中原先生ではなく「実践家」としての

中原淳氏に場作りに関する様々な問いをぶつけてきました。

 

著書や他の雑誌などでは書かれていない、

ワークショップ部だからこそ聴き出せた貴重な内容も沢山あります!

 

その内容を一部紹介すると…

 

・Learning barを始めたきっかけ

・参加者5名から応募者500名の大規模イベントに成長した理由

・「大学」という場の持つ潜在的な力

・面白いテーマを発見するためのコツ

・参加者の次のアクションを促すための工夫

・サプライズのある場のデザインとは

・次世代の研究者モデルとは

・場を運営する上で抱え続けるジレンマ

・場作りの「教科書」はつくれるか?

・場を生み出す"アトラクタ"の重要性

 

などなど、非常に盛りだくさんの内容になっております!

 

メルマガ会員にご登録されている方には既に配信済みですが、

まだ登録されていない方も、以下から登録&ダウンロード頂けます!

 


- Ba Design Magazine ダウンロードフォーム -
お名前
E-Mail ※
ご所属

※「ダウンロード」をクリックすると、ご記入頂いたメールアドレスに
インタビューレポート(pdf)のダウンロードURLが送信されます。

第二弾も現在企画中です!お楽しみに!


NAKAHARA-LAB.NET

ワークショップ部 on Twitter

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    勃起不全 (火曜日, 12 5月 2015 07:52)

    「何、顔真っ赤にしてるの? 本当に可愛い人だ。ふふ。冗談だよ」

  • #2

    媚薬 (火曜日, 12 5月 2015 18:06)

    「心臓を撃ちぬかれた。もうだめだ。こうなったら助かる手段はひとつ。それは――おれを救えるのは、唯一。乙女のキスだけだ。このあたりに、乙女はいないのかな?」