「くらやみイベント」のまとめ:2010年度活動報告ver1

あけましておめでとうございます!

 

このWebの更新もだいぶとまっておりましたが、今日はブログの更新です!

冒頭からわけのわからない写真ですいません(笑)

 

今回は2010年度に行った活動の一部についてご紹介できればと思います!2010年度は主に、田端のシェアハウスである「まれびとハウス」にてイベントを実施することが多い一年でした。その活動の一部をご紹介いたします!

 

今回紹介するのは「くらやみ」をテーマにしたワークショップです。

 

 

「「くらやみブレインストーミング」やってみた!」

2010年度の活動のひとつのキーワードは「くらやみ」でした。「くらやみ」を使った新しいイベントを考えようということで、たくさんのくらやみイベントを実施しました。

 

その1つが「くらやみブレインストーミング」です!くらやみの中でブレインストーミングしたらどうなるんだろう?という実験的な企画でした。

 

やってみるとこれがとても難しい!いかにアイデア出しにおいて「視覚的な情報」を使っていたかがわかります。

 

また、くらやみでの議論は「Twitterぽい」という気づきもありました。メンバーの安斎くんは以下のような発言をしていました。

 

@YukiAnzai: クラヤミでのコラボレーションは、ある意味ツイッター的な時間だった。いつでも他者と対話出来るし、黙ればいつでも場から離脱してROM状態になれる。この参加や振る舞いの自由度や気楽さから生まれる楽しさ、創造、危うさは何なのだろう。

 

くらやみは「見えない恐怖」だけではなく、「離脱できる安心」も同時に担保しているという不思議な場といえますよね。

 

詳しくは当日のつぶやきをまとめた以下のサイトをどうぞ!

 

Togetter - 「「くらやみブレインストーミング」やってみた!」
http://togetter.com/li/13831

「LEGO in the Dark Workshop(4/18)」

くらやみイベントの第二弾は「くらやみでレゴをやってみよう!」ということで、「LEGO in the Dark Workshop」というイベントを行いました。

 

くらやみの中でレゴをやるのはもちろん、参加者全員はじめてです(笑)

 

どこにブロックがあるのかもわからず、感覚だけで作品をつくりあげていきます。

 

作品は個人でつくるのではなく、グループで一つの作品をつくったので、より難易度も高いです。

 

作品が見えない中で、グループメンバーのイメージをすり合わせ、お題に沿った作品を作るのは、難しいのだけど、異様にテンションがあがってしまうという不思議な状況でした。

 

普段ワークショップをやったときにも、ワークショップで作った作品を写真で撮っていく人がいますが、今回のワークショップではおそらく全員が写真にとっていたんじゃないでしょうか(笑)それだけ謎の愛着が生まれてしまう場でした。

 

メンバーの牧村真帆さんを筆頭に、参加者がイベントの後に、活動を振り返るツイートをたくさんしていたのも特徴的だったと思います。

 

当日のつぶやきがまとめてありますので、詳しくは以下のサイトで!

 

LEGO in the Dark Workshop(4/18)
http://togetter.com/li/15197

 

2つのイベントを終えて

当日のtwitterの様子をみればわかると思うのですが、くらやみイベントは「とにかく単純に楽しい」んですね(笑)そして、終わった後に「一気につかれる」というのがひとつのパターンでした。

 

さきほども書きましたが、くらやみという場は「見えない恐怖」がある一方で、「離脱できる安心」みたいなものも同居しているんですね。

 

「自分の存在は「発言」でしかアピールできない。しかし、「発言」しなければ離脱していてもよい。」というのは、安斎君が指摘していたようにまさにリアルなTwitter的場であったように思います。

 

そういう場にどんな意味があるのか?について、明確に答えるには少し時間がかかるかもしれませんが、そうした「感覚」をつかめたという点で大きな意味があったのではないかと思います。

 

今年はまだ「くらやみイベント」の企画は未定ですが、なにか新しい企画を思いついたら実施してみたいと思っています。

 

告知はこのWebまたはTwitterで行いますのでぜひご確認くださいませ!

 

ワークショップ部 Twitterアカウント

http://twitter.com/workshop_bu

 

○関連記事

 

【コラム】クラヤミのエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に行ってきた! - tate-lab - 教育・学習について研究する院生のblog
http://www.tate-lab.net/mt/2010/12/post-198.html

 

[舘野泰一]

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Cheap Chanel Handbags (土曜日, 17 11月 2012 11:23)



    The worst way to miss someone is to be sitting right beside them knowing you can't have them. No man or woman is worth your tears, and the one who is, won't make you cry. Maybe God wants us to meet a few wrong people before meeting the right one, so that when we finally meet the person, we will know how to be grateful.Just because someone doesn't love you the way you want them to, doesn't mean they don't love you with all they have. dcyh000061117